online site builder

「健康経営」とは、社員の健康を重要な経営資源としてとらえ、
健康増進に積極的に取り組む経営スタイルのことです。

    協会けんぽでは、健康経営の推進を目的としてTVミニ番組を放送しています。
過去の放送もこちらで見られます。貴社も健康経営を始めませんか?


【第一回目】「健康経営とは?」
全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部
支部長 中田 博

■質問内容:「どうして健康経営が必要なのでしょうか」
少子高齢化が進み、人材不足の状況が続いています。また、従業員の平均年齢の上昇に伴う健康リスクの高まりが問題となっています。
こうした中、従業員が一人欠けた時の影響はとりわけ秋田県のような中小企業の多い地域でより大きく表れます。
従業員は企業の財産であり、その経験や技術は何物にも代えられないものですので、事業主自らが働きかけ、従業員が健康で長く働ける環境を整備することが求められています。

全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部のホームページへ

【第二回目】「優良法人認定とは?」
全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部
企画総務グループ 担当

■質問内容:「優良法人認定のメリットとは?」
ひとつめのメリットは、企業のイメージアップです。
国から認められた「信頼できる企業」「社員を大切にしている企業」という良いイメージを明確に示す根拠になります。
ふたつ目のメリットは、社員のモチベーションアップです。自社の取組みが表彰されたということで、さらなる取り組みにつながります。
このほかにも、様々なメリットがあります。ぜひ、優良法人目指して頑張りましょう!

全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部のホームページへ

【第三回目】「タバコ対策」
秋田県 健康福祉部
諸冨 伸夫さん

■質問内容:「タバコ対策への取り組み方法」
この度の「秋田県受動喫煙防止条例」により秋田県全体として、望まない受動喫煙を防止するための取り組みは、マナーからルールへと変わっています。
職場においても例外ではなく、健康経営および安全配慮の面からも受動喫煙防止対策は重要性を増しています。
秋田県では、参加市町村のご協力を頂きながら、協会けんぽと協同で受動喫煙防止宣言施設登録制度事業を実施しています。
この事業は、敷地内禁煙または建物内禁煙に取り組み、受動喫煙防止宣言施設として宣言していただくものです。
職場の受動喫煙対策をお考えの企業様は、まずこちらの制度の登録を目指すことをおすすめ致します。
宣言いただいた企業様には、登録書を交付し、企業名を秋田県WEBサイトなどで、広く紹介しますので、ぜひご応募ください!!

全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部のホームページへ

【第四回目】「運動の推進」
秋田県スポーツ科学センター
森内 厚志さん

■質問内容:「運動による効果とは?」
少ない時間で始められる運動は、長続きしやすく、疲労回復や怪我の予防、リラクゼーション効果が期待されます。
また朝礼時にラジオ体操を取り入れた場合、事故の発生率が少ないというデータもあります。
実際に健康経営セミナーを受講された企業さんが、私共を講師として依頼し、社員の方々への健康教室を開催するケースも増えてきています。
この他にも、運動習慣をつけることで、転倒防止や認知症予防など様々な効果が期待されています。
健康寿命日本一を目指して、みんなで頑張りましょう!

全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部のホームページへ

【第五回目】「メンタルヘルス対策」
秋田産業保健総合支援センター
保坂 雅和さん

■質問内容:「メンタルヘルス対策で重要な事は?」
メンタルヘルス対策の取り組みで大事なことは、一次予防から三次予防の取り組みです。
一次予防というのは、セルフケアの実施や職場環境の把握・改善などによる、メンタルヘルス不調の未然防止に関する取り組みです。
二次予防は、いつもと様子が違う社員への声掛けや相談対応などによるメンタルヘルス不調の早期発見と適切な対応による取り組みです。
三次予防とは、メンタルヘルス不調で休職する労働者の職場復帰支援に関する取り組みです。
メンタルヘルス対策を取り組みたいけれども、何を取り組んだらわからないと悩む事業所さんもあると思います。
当センターではメンタルヘルス促進員が事業所を訪問して、取り組みについてのアドバイスや、社内研修会の講師なども行っておりますので、ご活用ください。ご利用は無料です。詳しくは当センターまで、ホームページからも申し込みできます。

全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部のホームページへ

【第六回目】「食習慣の改善」
秋田市保健所 保健予防課
管理栄養士

■質問内容:「食習慣で大事なことは?」
働き盛り世代は仕事中心の生活で食習慣を自分の力だけでコントロールするのは難しい傾向にあります。
そのため会社が社員の食習慣を上手にコントロール出来るようにサポートすることで、食習慣改善に大きな効果が期待できます。
食習慣改善と聞くと難しく考えてしまいますが、血圧が高めの方に減塩のチラシを回覧したり、飲酒機会が多い方には上手な飲酒に関する資料を配布するなど、簡単なことからで構いませんので、出来ることから少しずつ初めてみませんか。
取り組むうちに会社にあった効果的な改善策がみつかると思います。
また健診後の特定保健指導を利用して、食習慣改善のサポートを受けさせることも効果的です。
健康な毎日のためには食習慣はとても大切です。
正しい知識を身に着けそれを実践することで、健康増進は図られます。
皆さん秋田県健康寿命日本一を目指して一緒に頑張りましょう!

全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部のホームページへ

© Copyright 2019 Japan Health Insurance Association Akita - All Rights Reserved